茶庵(さあん)チャキじじ 名古屋で再スタート

終の棲家となった名古屋を中心に チャキじじとチャキママの食べ歩きと、愛犬チャキとの周辺散歩


辨天:上ひつまぶし2
上ひつまぶし:あつた辨天







こちらは熱田神宮前の辨天ビル3Fにあるうなぎ屋さんです。
名鉄神宮前駅の すぐ目の前。


辨天ビル
辨天:看板


以前、
ひつまぶしなら こちらのお店が一番と 知人からの一押し推薦があり、
それ以来 ずっとこちらで ひつまぶしをいただいています。


辨天:外観1


しかし、奥さんは まだ こちらで ひつまぶしをいただいたことがない
とのことだったので、
奥さんを案内し 二人でおじゃましました。


店内
辨天:店内1


開店の11時頃に 到着しましたが、
すでに 店内に お客さんがちらほら。


店奥には 個室がたくさん並んでいますが、
飛び込みの私たちは 通常のテーブル席へ案内されました。


メニュー
辨天:メニュー1


ひつまぶしの いただき方
辨天:メニュー2


他の料理
辨天:メニュー3



お刺身やうどんの付いた お値打ちなセットも いろいろありましたが、
二人とも「上ひつまぶし(3,300円)」を注文しました。

いつもは3,200円なのに、お正月価格と思われます。
それとも 値上がりしたのかな?



辨天:上ひつまぶし1
上ひつまぶし(3,300円)

この日は それほど待つこともなく、ひつまぶしが登場。
いつもより ずいぶん早い!

そう言えば、いつもはお通しに「骨せんべい」が出るのですが、

辨天:うなぎ骨焼き

今日はありませんでした。


仲居さんからの 「ひつまぶしのいただき方説明」は 辞退し、
早速、いただきました。


おひつの 鰻
辨天:上ひつまぶし5


私流としては、
おひつに入った ひつまぶしを4等分くらいにして、
最初の2杯を そのまま 茶碗によそい いただきます。


1杯目
辨天:上ひつまぶし3


ここで いつも気になるのは しゃもじが プラスティックでつるつるなこと。

ちょっと深めのおひつに突っ込む しゃもじの角度が深いので、
ご飯が滑り落ちます。

木のしゃもじとは言いませんが、
最近の 表面につぶつぶの付いた しゃもじが使いやすいですね。


薬味
辨天:上ひつまぶし;薬味


茶漬け
辨天:上ひつまぶし;茶漬け


また、今回の鰻の焼き具合は 辨天さんらしからぬ、
少々柔らかめでした。

いつもは カリッと焼き上げ、茶漬けにしても、
出汁で 皮が ’ふよっ’ とならないよう
焼き加減が うまく工夫されていますが、
今日は いつもと微妙に違いました。 


そして、最後の2杯は わさび、ネギ、刻みのりの薬味を入れ、
鰻茶漬けでいただきます。

だし汁の量も 2杯分がちょうど良いあんばいです。


若い頃でしたら、鰻が1匹半の特上ひつまぶしも ペロリとたいらげたでしょうが、
この「上ひつまぶし」で十分満腹になりました。

案内した奥さんも 久しぶりの名古屋の鰻に満足のようで、良かったです。
ごちそうさまでした。









関連ランキング:うなぎ | 神宮前駅伝馬町駅神宮西駅





ブログランキングに参加しています


にほんブログ村 犬ブログ パピヨンへ

スポンサーサイト

純喫茶さんぽ:ちらし




先日、豊田中日文化センターが主催する 「純喫茶さんぽ」という講座に参加しました。

これは、純喫茶愛好家のレモンさんを講師とし、
現地集合し、名古屋市内の3軒の純喫茶を巡るイベントです。
レモンさんは ご自身のブログ 「レモン等の日々」で
全国の 純喫茶を紹介されています。



この講座の 3軒目が
「フィレンツェ」 さんです。

2軒目の「珈琲館 いと忠」さんから 少し離れているので、
地下鉄で移動
久屋大通駅で下車し、こちらのお店に向かいました。 




中区丸の内のビルの地下にあると言うことで、
階段の手前でしばし観察。


階段降り口前
フィレンツェ:外観1


お店の名前「フィレンツェ」の ”フ” が ”つ”に読めるのがご愛敬。
ショーケースの食品サンプルも かなり年季が入っていました。
さて、皆さんと 恐る恐る階段を降りました。


お店入り口
フィレンツェ:外観2



確かに お店の入り口は昭和レトロな 純喫茶というイメージです。

また、店内も 歴史を感じさせる調度品の数々、
椅子・テーブルの感じや、内装・レイアウトも昭和レトロを感じさせます。


店内
フィレンツェ:店内1

フィレンツェ:店内2


テーブル10卓くらい、お客さんは常連さんがちらほら。
店内は 全面喫煙OKのようです。


メニュー
フィレンツェ:メニュー1

フィレンツェ:メニュー2


メニューを拝見すると、珈琲が380円とお値打ちのほか、
日替わりランチ(750円)も提供しているようです。

珈琲付きで950円はややお値段高めの設定のような気がしますが、
繁華街と言う土地柄のせいでしょうね。

他にも定番の喫茶店メニューがたくさん用意されています。
付近のオフィス街の サラリーマンさんが お昼を食べに集まるのでしょうね。



私は アイスコーヒー(380円)を注文しました。


フィレンツェ:アイスコーヒー1
アイスコーヒー(380円)

特に可もなく不可もなく。

おつまみにチョコレートが付いてきました 



最後に 参加者全員で 記念の集合写真を撮り、
次年度の イベントでの再会を 楽しみに 現地解散しました。




♪ ♪ ♪

講師のレモンさんから
お気に入りの喫茶店の 配置図と、
今では 置いてある店が少なくなった 喫茶店マッチ
参加者に 2個ずつ配布されました。

また、マッチより ひとまわりくらい大きい
純喫茶ミニ図鑑 もいただきました。



次年度も開催されたら 是非 また参加したいですね。
お待ちしています。








関連ランキング:喫茶店 | 久屋大通駅市役所駅栄町駅





ブログランキングに参加しています


にほんブログ村 犬ブログ パピヨンへ


純喫茶さんぽ:ちらし




先日、豊田中日文化センターが主催する 「純喫茶さんぽ」という講座に参加しました。

これは、純喫茶愛好家のレモンさんを講師とし、
現地集合し、名古屋市内の3軒の純喫茶を巡るイベントです。
レモンさんは ご自身のブログ 「レモン等の日々」で
全国の 純喫茶を紹介されています。



この講座の 2軒目が

「珈琲館 いと忠」 さんです。

最初のお店「コーヒーショップカコ 花車本店」 さんから
北東に向かって 15分くらい
小雨の中 みなさんと歩いて向かいました。

お店の外観は 彫像が入り口に設置され、
喫茶店とは思えない雰囲気です。


外観
いと忠:外観3


店内も 歴史を感じさせるいろいろな置物がディスプレイされ、
重厚感のあるた 大正ロマンを感じさせる レトロな喫茶です。
大正時代のホテルのエントランスを思わせる作りでした。


店内
いと忠:店内1


いと忠:店内3


いと忠:店内2




メニューを拝見すると、
レギュラーコーヒーが なんと 350円
この街の真ん中で このお値段は 考えられない設定です。


メニュー
いと忠:メニュー1

いと忠:メニュー2


しかし、今回は 他店でも珈琲を飲むことになりそうなので、
最近飲んだことがない アイスミルクセーキ(400円)を注文しました。

過去にも 飲んだことは1回くらいでしょうか。
どんな飲み物か 味が思い出せません。

同行の方は エッグミルク(ホット)なる物を 注文していました。


いと忠:ミルクセーキ2
ミルクセーキ(400円)

ミルクセーキは 牛乳と玉子をスクランブルした物でしたが、
個人的には もう少しバニラエッセンスが入っていた方が 飲みやすかったですね。

エッグミルクも ホット版なので、さらに飲みにくいようでした。


ちなみに、おトイレは お店を出て、
玄関脇から裏口の方に回り込んだところにありました。
ここにも レトロを感じましたね。

なお、お店の名は 総合商社のいと忠商事とは関係ないとのこと。

今度 おじゃまする機会があれば
レギュラー珈琲の味を 確かめたいですね。









関連ランキング:喫茶店 | 伏見駅丸の内駅国際センター駅





ブログランキングに参加しています


にほんブログ村 犬ブログ パピヨンへ


純喫茶さんぽ:ちらし




先日、豊田中日文化センターが主催する 「純喫茶さんぽ」という講座に参加しました。

これは、純喫茶愛好家のレモンさんを講師とし、
現地集合し、名古屋市内の3軒の純喫茶を巡るイベントです。
レモンさんは ご自身のブログ 「レモン等の日々」で
全国の 純喫茶を紹介されています。



この講座の 最初の1軒がこちらのお店
「コーヒーショップカコ 花車本店」 さんです。

名古屋駅の東「柳橋」交差点から北へ約200mほどの場所にあり、
小雨の中 こちらまで皆さんと歩いて移動しました。



KAKO花車本店:コンフィチュール1
コンフィチュール:コーヒーショップカコ花車本店



このお店は名古屋で最初の自家焙煎コーヒーを導入した老舗喫茶店とのこと。

お話を伺っていたとおり、今では観光スポットの一つになっているそうで、
地味な外観の店舗とはうらはらに、
お店の外に 順番待ちのお客さんが大勢いました。


しばらくして何とか入店できましたが、
休日のモーニング時間帯でもあり、
こぢんまりとした店内は 超満員。

コートなど、衣類がかさばり、身動きができない状態で着席しました。


店内
KAKO花車本店:店内3


入り口正面にはカウンター席が並び、
テーブル席は窓側に少し。

窓にはステンドグラス。
天井には 落ち着いた感じのシャンデリア。
調度品はどれもシックな雰囲気です。


ステンドグラスの窓
KAKO花車本店:店内1




お店の人気のメニューは
トーストを四つにカットし、
それぞれに色彩豊かな自家製のコンフィチュール(ジャム)を載せた物。
インスタ映えする彩りです。


メニュー
KAKO花車本店:メニュー1

KAKO花車本店:メニュー2



モーニングセットとしては、ドリンク+パン+トッピングが基本形で、
トッピングの種類が、コンフィチュール(ジャム)(+100円)だけでなく、
生クリーム(+250円)であったり、
クリームチーズ(+200円)であったり、
プラスされるお値段も変わってきます。


KAKO花車本店:コンフィチュール2



珈琲カップは昔ながらの厚手のカップでした。
でも、珈琲の味はややハード系に近いものの、
今風の味でした。

各テーブルには ガムシロが、
銅製の食器に入れられ 備えられていたのが面白かったですね。


KAKO花車本店:ホットコーヒー1





平日なら、もう少しゆったりできるのでしょうか。









関連ランキング:喫茶店 | 国際センター駅近鉄名古屋駅名鉄名古屋駅




ブログランキングに参加しています


にほんブログ村 犬ブログ パピヨンへ

餅花・小

          賀詞1小





 旧年中は さあんチャキじじブログにお立ち寄りいただき
 ありがとうございました 
 今年もよろしくお願いします m(_ _)m









年賀B案-2・中

チャキ ( 8歳・男の子(おっさん) )










  まねき猫小・小




     賀詞2・中




                                        福助・小小



⇒続きを読む



ブログランキングに参加しています


にほんブログ村 犬ブログ パピヨンへ

さあんチャキじじ

Author:さあんチャキじじ
終の棲家となった名古屋を中心に チャキじじとチャキママの食べ歩きと、 愛犬チャキとの周辺散歩


ブログランキングに参加しています


東海地域情報・ブログランキングへ


にほんブログ村 犬ブログ パピヨンへ

にほんブログ村 犬ブログ パピヨンへ



人気ブログランキング・レストラン・飲食店へ