茶庵(さあん)チャキじじ、静岡の清水へ

名古屋から1年で転勤することになった チャキじじと、 愛犬チャキ、チャキママの清水生活

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ブログランキングに参加しています


にほんブログ村 犬ブログ パピヨンへ

ハングリータイガー:ダブルハンバーグランチ1
ダブルハンバーグランチ






こちらのお店は イオンモール名古屋茶屋店の 建物外の飲食店街 中央にあります。


ハングリータイガー:外観


軒先では 暑さ対策の ミストが噴出。
ハングリータイガー:店内3



横浜発祥の 東海地方初出店の ステーキ屋さんとのことで、期待して入店。


ハングリータイガー:店内2



ランチ時でしたが、平日ですので、店前に行列はありません。
一人で来店しましたが、店内では 二人席のシートに案内されました。
ランチメニューは、ハンバーグと、そのダブル、リブアイロール(ステーキ)の3種でした。
サラダバーなどは ないようです。


ランチメニュー
ハングリータイガー:メニュー1

通常メニューの 一部
ハングリータイガー:メニュー2




お腹が空いていたので、初来店にもかかわらず、
ランチダブルハンバーグ レギュラーセット(1,960円)を注文しました。
飲み物が付いています。

しばらくすると、鉄板をセットする 木のプレートが配置され、
脂が跳ねるのを防ぐ ナプキンをセットします。


ハングリータイガー:テーブル



やがて ジュージュー 音をたてる ハンバーグが運ばれてきて、
お姉さんが テーブルの上で ハンバーグを 縦に半分に切り開き、
熱々の鉄板に押しつけ、焼きの仕上げです。 


ハングリータイガー:テーブル3


醤油をベースにした特製ソースをまわしがけ、しばらくして いただきます。

ハンバーグ生地は 粗挽きで、やや堅め。

レトルトのハンバーグと違い、牛肉100%
つなぎは少ないため、ぽろぽろ崩れます。

ハングリータイガー:ダブルハンバーグランチ3

スパイスの良く効いた味ですが、
お肉の風味・脂の旨みにやや欠ける感じがします。

ダブルを注文したため、だんだん噛み応えを 感じるようになります。
お肉のグレードが ランチのレベルだからでしょうか。
(ブロンコビリーの味に慣らされているからでしょうか。)


添えは、ジャガイモ、ミックスベジタブル、玉ねぎ、インゲンと、
他店との 差別感はありません。
ソースも 塩辛さ(醤油がらさ)が際立ち、コクがないように感じました。
お値段としては それなりの価格設定です。


料理を見せる工夫はあるものの、
ランチに また来たいと言う 特別な思いは感じられませんでした。



ブログランキングに参加しています


にほんブログ村 犬ブログ パピヨンへ

スポンサーサイト
ハーバー:外観


名古屋港にある うん十年と続く 老舗の喫茶店です。
味噌カツの とん海 さんを さらに東へ進んだ 角のお店です。

喫茶メニューの他に、
お昼時は 日替わりランチを提供しており、
近くの サラリーマンの 昼食と、憩いの場所になっています。


ハーバー:店内


店内は 歴史を感じさせる 純喫茶
店内は 思ったより広く、座席毎に 仕切りがあり、
ゆったりできる コメダ珈琲スタイルです。
うん十年前から このスタイルだとすると、
当時は ずいぶんモダンだったと思います。


今回いただいた日替わり定食は、
なんと、天丼とそうめんのセット。

ハーバー:日替わりランチ
日替わり定食(850円)珈琲付き


喫茶店の 日替わり定食で そうめんをいただいたのは
今回が 初めてです。

天丼は ご飯が多く、ちょっと単調でしたが、ボリュームは十分です。


ハーバー:ホット珈琲
ホット珈琲

名古屋では常識ですが、
珈琲には もちろん ピーナッツのつまみが付きます。


毎日 違う献立を考えるのは 大変でしょうね。
また、今度も ヒット作を 楽しみにしています。 
ごちそうさまでした。



住所:愛知県名古屋市港区入船1-3-38
営業時間:?
定休日:?
電話:052-661-5443


ブログランキングに参加しています


にほんブログ村 犬ブログ パピヨンへ

田舎っぺ:しょうが焼き定食2
しょうが焼き定食






名古屋港の オフィス街にある
夜は居酒屋の 美味しくてお得なランチをいただきました。


田舎っぺ:外観


入居しているビルのお隣は 「ももや」さんと言う
同じようなスタイルの お店がありますが、
どちらも お昼時は 満員御礼です。


田舎っぺ:外観 (2)



お店に入ると、右手には カウンター席が10席程度。
その奥には厨房があります。
左手には 座敷席が5卓程度ありますが、掘りごたつではありません。


田舎っぺ:店内



こちらのお店では、日替わりランチとして、
以前に、天津飯・肉団子のセットランチ(700円)をいただきました。


今回は、

田舎っぺ:しょうが焼き定食
しょうが焼き定食(750円)

いずれも 味の方は 安定して 美味しいですね。
手慣れた 職人の腕前です。


でも、12時を数分過ぎて 入店したただけでも、満席に近く、
最後の1席になっていました。

その結果、料理が出るまで30分待ち。
お昼のランチは スタートダッシュが鍵ですね。


ただ一つ残念なのは、分煙ではないことです。
お昼時に カウンター席のすぐお隣で 煙草を吸われると
やはり気になりますね。

見方を変えれば、煙草のみの方には 最適なんでしょうけど (^_^;)




住所:愛知県名古屋市港区入船1-7-18 1F
営業時間:11:00~14:00、17:00~22:00
定休日:土曜日・日曜日・祝日
電話:052-654-2299



ブログランキングに参加しています


にほんブログ村 犬ブログ パピヨンへ

フジ:外観
喫茶フジ





名古屋港保健所、名古屋港郵便局の裏通り、
開店し 45年になる老舗喫茶店が 今でも営業しています。

娘さんの お手伝いがありますが、奥さんは 今でも現役でした。


近くの スーパー「バロー」に寄った時とか、郵便局に寄った時に、
お店の存在は知っていましたが、
先日、初めて入店しました。

お店の前には 幟がはためいているわけでもなく、
遠慮がちに、営業中の札が出ているだけでした。

              フジ:店内2

奥さんと二人で おじゃましまし、
モーニングセットを注文しました。

フジ:モーニングセット

飲み物の値段で、トースト1枚、ゆで玉子が付いてきます。
ホット珈琲ならば、350円。

名古屋のモーニングセットとしては、ごくオーソドックスな内容です。



メニュー
フジ:メニュー1

フジ:メニュー2


大通りから 1本奥の路地ですが、
ランチなど、食事メニューも多彩なところを見ると、
郵便局の職員さんなど、ご近所の需要もあるのでしょうね。 


フジ:店内1


店内は 喫煙OKです。



お店の 営業情報をいただくため、
カードなど ありませんか?
と尋ねたところ、
今では珍しくなった お店の マッチ をいただきました。

    フジ:マッチ1

          フジ:マッチ2






住所:愛知県名古屋市港区港栄2-2
営業時間:?
定休日:日曜日、祝日
電話:052-653-6936


ブログランキングに参加しています


にほんブログ村 犬ブログ パピヨンへ

藤屋:モーニングセット2
モーニングセット






こちらのお店は 名古屋市南区の竜宮町を南へ走ると、
左側に 見えてきます。


藤屋:外観


この道路は 臨海工業地帯を突っ切っており、
また、知多半島方面の産業道路に続いています。
そのため、でっかいトラックやコンテナ車が往き来し、
途中で車を停めたり、お店に入ろうとしたりすることは、これまで一度もありませんでした。


藤屋:外観2


ところが、たまたま、平日の月曜日の10時くらいに、
このお店の前を 通り過ぎようとしたところ、
駐車場に車はなく、タイミング良く入店できる機会がありました。
この付近を ウン十年の間、通りましたが、
初めての入店です。


藤屋:店内2




まだ、モーニングの時間帯でしたので、紅茶とセットで注文。

藤屋:モーニングセット
モーニングセット(400円)

セットの内容は、紅茶、バタートースト1枚、目玉焼き、ポテト野菜サラダ、ハム。


藤屋:紅茶

ちゃんとした味の紅茶に、この内容なら、CPは申し分なし。



店内のメニュー貼り紙を見ると、食事メニューも充実しているようです。

藤屋:店内


お店の看板に トンカツ&カフェとあることからして、
お昼になると、この付近のサラリーマンで いっぱいになるのでしょうね。



ところで、
店の前の ちょっと変わった コンクリート作りのニワトリ?
の置物に目を惹かれましたが、

藤屋:外観3

これが何なのか、聞きそびれました。



住所:愛知県名古屋市港区昭和町18
営業時間:
定休日:
電話:052-611-0820



ブログランキングに参加しています


にほんブログ村 犬ブログ パピヨンへ

立田ふれあいの郷:立田れんこんカレー
立田れんこんカレー






先日、知人の Iさんご夫婦の案内で
愛知県の北西部の 蓮根で有名な 愛西市(旧立田村)にある
「蓮根の里 はすの実」に出かけました。

その帰り道 こちらの道の駅に立ち寄りました。


立田ふれあいの郷:外観



「道の駅 立田ふれあいの里」の名前のとおり、
名物のれんこんを活かした お土産品やファーストフード、料理で一杯でした。


立田ふれあいの郷:里芋

地元野菜の 市場もあり、新鮮な朝取り野菜が 活き活きとしていました。


エリア内を 物色していると、

立田ふれあいの郷:メニュー

立田ふれあいの郷:メニュー2

立田ふれあいの郷:メニュー3

れんこんラーメン、れんこんうどん、れんこん蒲焼き丼、立田れんこんカレー、
れんこんコロッケ、れんこんつくねなど たくさんのれんこん料理に、気持ちを動かされました。

しかし、食事をした 直後で お腹が膨れていたので、
同行した知人が れんこんソフトを 美味しそうに舐めているのを 横目で見ながら、
今回は 珍しいお菓子に 的を絞りました。



・ハスココア

立田ふれあいの郷:ハスココア1

立田ふれあいの郷:ハスココア2

 半乾燥のスライスしたれんこんに ココア・シナモンパウダーが まぶしてあります。
 やや ふにゃっとした歯応えで、しゃきしゃき感はなくなっています。
 味としては まあまあ 70点くらいでしょうか。



・はすの実甘納豆

立田ふれあいの郷:はすの実甘納豆1

立田ふれあいの郷:はすの実甘納豆2


通常の甘納豆の 豆部分が はすの実に替わったものです。

風味が 仏壇臭い(チャキじじ的感想)ので、好き嫌いがある感じです。
漢方の銘菓と 見出しがあるので、さもありなんでしょうか。


どちらも、お値段は そこそこするので、お試し商品としては、散財です。



野菜コーナーで見つけた 珍しい一品は
「四角豆」

立田ふれあいの郷:四角豆


これは 石垣で よく販売されていた地元野菜で、
向こうでは うりずん と呼ばれていました。
居酒屋では 天ぷらとして しばしば登場しました。

立田でも 栽培できるのですね。
懐かしい品でした。



今回は 大変珍しい物を 体験させていただきました。
Iさんご夫婦には 大感謝です 



ブログランキングに参加しています


にほんブログ村 犬ブログ パピヨンへ

はすの実:はすの実御膳2
はすの実御膳






こちらのお店は、愛知県の北西部の 蓮根で有名な 愛西市(旧立田村)にあります。
自宅の名古屋港から お店までは、車で1時間弱かかりました。


はすの実:蓮根畑


写真の蓮根畑を見ながら、お店(普通の民家)の前に車を停め、車外に出ると、
名古屋港とは違う すがすがしい空気を感じました。


はすの実:外観1


自宅玄関を回り込むように 裏の庭の方に向かうと、
そちらが お店の入り口になっています。


はすの実:外観3



入り口脇の庭には ナタマメが栽培されており、
ちょうど白い花を付け、豆も大きくなる一歩前で、食べ頃のようです。

     はすの実:ナタマメ


庭で 〒マークの付いた鋳物の鉢を見つけましたが、
これの来歴は???

             はすの実:庭




玄関
はすの実:店内1

ご縁があるように 大きな五円玉が置いてあります。



はすの実:店内2


客席は、ごく普通の畳の間です。
7卓あり、25名程度のキャパシティーです。
つめれば、もっと座れそうです。

座敷で 周りをきょろきょろしていると、
天井の照明器具が 和風の佇まいに 不似合いです。
和風の傘にしてはいかがでしょうか。
これで ロケーションは 完璧です。



はすの実:店内3


知人に 予約していただき、案内されるまま ご一緒させていただいたので、
予習もなしに、この地、このお店に 訪れました。

旧立田村にやって来るのも初めてですし、
ふだん あまり口にすることのない 蓮根料理とのことで、
期待に 胸が膨らみます。



予約の はすの実御膳をいただきました。

はすの実:はすの実御膳1


はすの実:はすの実御膳4

はすの実御膳(1,300円)

料理は、
涼やかな ガラスの小鉢に 6品と、
メインの秋刀魚の柔らか炊き、まぐろの豆味噌、ご飯とお吸い物でした。

また、庭のナタマメの豆が若いうちに さやを短冊にして、彩りよく並んでいました。
何度かおじゃましている知人によると、
季節によって いつも異なる食材と内容だそうです。

老舗の日本料理店のような 洗練された 味付けやあしらい とまでは言えませんが、
想像していた以上に、
器などの見た目に工夫がなされ、一手間かけた内容の料理でした。

野菜が中心で、味付けも 程良く、身体に良さ気な 食材ばかりでした。
蓮根の天ぷらが 唯一 油がある料理でした。
ですから、食後も胸焼けすることもなく、
食物繊維たっぷりで、お腹は快調でした。



お土産メニュー
はすの実:メニュー

まぐろの豆味噌は、
こちらの地方で よく食べられた 鮒味噌(鮒と豆を味噌で炊き込んだもの)をアレンジしたもので、
鮒の流通が少なくなった現在、川魚の臭みを避け、
まぐろに替えたものだそうです。



店内には、小物や、惣菜、蓮根が販売されています。
これは 販売しているかどうか判りませんが、
蓮の花のコースターが 面白いなあと思いました。

はすの実:蓮の花コースター

これに 急須が 乗ってました。
柔らかそうですが、丈夫なんでしょうかねぇ。



〆の感想としては
このお店のウリは、
なんと言っても 蓮根ですが、
隠し味は お店の奥様の接客でしょうね 




住所:愛知県愛西市宮地町長代44-2
営業時間:11:30~14:00(完全予約制)、夜は予約営業
定休日:日曜日
電話:0567-24-4046


ブログランキングに参加しています


にほんブログ村 犬ブログ パピヨンへ

魚魚丸:焼き穴子
焼き穴子





知多半島産業道路を 南下し、
常滑市街に入り、アピタピアゴの反対角
看板が見えてきます。


魚魚丸:外観


最近では、土日祝日は 11時の開店直後に入店しないと、
すぐに 順番待ちになってしまう 人気店になりました。

そのため、待ち時間を嫌い、なかなかおじゃますることができませんでしたが、
たまたま 11時頃この近くを通ったので、
お一人様 カウンター席に 潜り込むことができました。


魚魚丸:店内


今年4月に、名古屋に帰ってきてからは 初めての入店です。
まだ、回転しているお皿は 多くはありませんでした。
店員さんに 注文を入れると、
懐かしい「ガッテンショー」のかけ声が・・・
「合点 承知!」の意味なんでしょうね。



チャキじじ的定番の
中トロ鉄火、まぐろ中トロ、ビントロ、エンガワ、焼き穴子、ホタテ、いくらを注文します。

中トロ鉄火
魚魚丸:中トロ鉄火



いくら
魚魚丸:いくら

白エビ
魚魚丸:白エビ



季節もので 今の時期にはありませんが、ホタルイカの軍艦、
時々、まぐろの3種盛りを頼んだりします。



〆用に 終盤、玉子焼きを注文しておきます。

だし巻き玉子
魚魚丸:だし巻き玉子



今回は、ホウボウが流れていたので、初めていただきました。

魚魚丸:ほうぼう

あまりくせがなく、表現のしようがない味でした。



また、こちらのお店は、知多で獲れた 近海物の魚を扱っているのが うれしいですね。

魚魚丸:店内2



そんな中で、今回初めて目にしたのは、
「海ぶどう」
魚魚丸:海ぶどう

3月まで住んでいた 石垣では、居酒屋やお寿司屋さんでは 定番のネタです。
お皿の色が 高そうで、新鮮さも 心配で、
興味はありましたが、敢えていただきませんでした。


お皿の値段
魚魚丸:皿の値段


皿数としては、合計11皿
今日の会計は 3,311円でした。



ブログランキングに参加しています


にほんブログ村 犬ブログ パピヨンへ

Mannendo Cafe:宇治金時
大和抹茶(宇治金時)





イオン茶屋店で買い物を済ませ、
夕方に こちらのお店に 足を運びました。


Mannendo Cafe:店内1


日曜日でしたので、かなりの混雑ぶりでした。
セルフサービスのお店でしたが、
先に座席を確保してから レジカウンターに並ぶよう呼びかけていました。

ガラス張りの 明るい店内と、ライトなテーブルや家具から
生ジュースのお店を 連想しました。
しかし、エスニック感が漂う 抹茶をベースにした 和カフェで、
ラテ、パフェ、かき氷などの甘味を楽しめるお店でした。

Mannendo Cafe:メニュー




今回いただいた

Mannendo Cafe:大和抹茶クリームラテ
抹茶クリームラテ(450円)

抹茶の風味が際立ち、美味しかったです。
奥さんがオーダーしたのは大和抹茶で、ずばり宇治金時です。
ふわふわの氷で、これも同様に抹茶の風味が 際立ちます。

もう一度おじゃまして、今度は パフェをいただきたいですね。



Mannendo Cafe:店内2


お店の商品とは 全く関係ないですが、
こちらのお店で働く インド系の美人の店員さんに見とれてしまいました。
お聞きしたところ、ネパールの方だと判りました。
最近出かけた 自宅近くのカレー屋さん「ドルーガ」の方も
ネパール出身で、ご家族で経営されていました。

日本人には インド系の方は 出身国の区別が なかなか難しいですね。

こちらの わいわいパラダイスグループの系列店には ガネーシャダイニングがありますので、
その関係から インド系の方も 採用されているのでしょうか。



ブログランキングに参加しています


にほんブログ村 犬ブログ パピヨンへ

浜勝:ロースかつ丼セット2
かつ丼





日曜日、イオンモール名古屋茶屋店の 建物の外の飲食店街に 食事に出かけました。
無計画に出かけたため、モール内の駐車スペースを探すのに時間がかかり、
ちょうどお昼時になってしまいました。

特に 何が食べたいとか 希望もなく、
どのお店も 長蛇の列を作っているので、
6組待ちと比較的列が短かった こちらのお店を選びました。


浜勝:外観1


とんかつのお店と言うことで、
新たな発見も望めないだろうと、あまり期待もせず、
30分程度待って、お腹だけは空かして入店しました。

浜勝:店内1

店内は ゆったりしたスペースで、車いすでも十分取り回しができそうです。



料理が届くまで、
一人用のすり鉢と すりこぎが用意され、
これで胡麻を擂り、特製のソースと合わせ、たれを作ります。

浜勝:すりこぎ

浜勝:すりごま
胡麻擂り

浜勝:ソース
秘伝のソース

浜勝:タレ
特製タレが 完成!



そんなことをやっている内に、料理が出てきました。


+150円で注文した ねばりっこの冷やし汁は 鳥取県産ねばりっこを使用。

浜勝:ねばりっこの冷やし汁1

オクラと とろろ汁に 鶏天が入り、私は 初めていただく 料理でした。

浜勝:ねばりっこの冷やし汁2



オランダと言う名前の 一口カツは ミルフィーユカツで  を巻き込んだ物で、
柔らかく仕上がっていました。

浜勝:オランダ
オランダカツ


浜勝:梅しそ巻きとエビフライ定食
梅しそ巻きとエビフライ定食

しそ巻きも同様で、しその風味がたち、美味しい一品でした。



浜勝:ロースかつ丼セット1
ロースかつ丼(890円)

ロースカツ丼は、玉子の半熟具合が食べ頃で、
味付けも 量も 満足できました。
ただし、お肉は お値段なりの感じでした。


ご飯、キャベツ、味噌汁などが おかわりできるようですが、
お腹がふくれ、その必要もありませんでした。


料理の内容だけでなく、ソフト面もハード面も かなり洗練されています。
帰宅してから、こちらのお店をネットで確認すると、
ちゃんぽんで有名なチェーン店「リンガーハット」が
長崎を中心に展開している 昭和37年創業の 老舗とんかつ屋さんでした。
私が知らないだけで、かなりの有名チェーン店のようです。
チェーン店の 良いところが目立つお店でした。



ブログランキングに参加しています


にほんブログ村 犬ブログ パピヨンへ

さあんチャキじじ

Author:さあんチャキじじ
名古屋から1年で転勤することになった チャキじじと、 愛犬チャキ、チャキママの清水生活


ブログランキングに参加しています


東海地域情報・ブログランキングへ


にほんブログ村 犬ブログ パピヨンへ

にほんブログ村 犬ブログ パピヨンへ



人気ブログランキング・レストラン・飲食店へ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。