茶庵(さあん)チャキじじ 名古屋で再スタート

終の棲家となった名古屋を中心に チャキじじとチャキママの食べ歩きと、愛犬チャキとの周辺散歩

コーヒータロー:外観





【コーヒータロー】

地元漁業関係者向けの早朝営業の喫茶店です。


海鮮関係をひととおり楽しんだ後、
珈琲が飲みたくなり、沼津港界隈をぶらぶら


夕方、4時頃でした。
喫茶店だ!
と 喜んで、お店を覗きましたが、誰もいません。

???と思っていると、年配のマスターと思われる男性が 外から登場。


コーヒータロー:店内1


もう閉店したのかなと心配しましたが、
予想は半分当たっていました。

営業時間は 朝5時から夕方4時とのこと。

マスターは もうお店を閉めようとしていたようですが、
入れていただけました。


コーヒータロー:店内2


ホット珈琲を注文し、
店内をきょろきょろ。
昭和レトロな喫茶店です。

名古屋人としては 安心できるお店の雰囲気です。


メニュー
コーヒータロー:メニュー1



マスターのお話では
平日は 漁業関係の方が 早い時間にモーニングを食べに来るそうですが、
「早朝を過ぎると、暇だねぇ!」 とのこと。

水族館の中心地から 少し離れているので、
観光客はあまり来ないそうで、
早い時間に お店を閉めるそうです。



意外にも
壁に 蛭子能収さんの色紙がありました。


コーヒータロー:店内3


お店の雰囲気としては 逆に マッチしているのかも (^o^) 



珈琲は 淹れたて
少々 酸味と苦みがある ヘビーな味わいでした。

でも、残念ながら、おつまみピーナツはありませんでした。
(カバンにいつも忍ばせている おつまみピーナツを出すわけには行きません)


久しぶりに
珈琲屋さんらしい 珈琲屋さん(地元名古屋港に 雰囲気近い???) に出会った気がして、
満足して 沼津港を後にしました。




ブログランキングに参加しています


にほんブログ村 犬ブログ パピヨンへ

スポンサーサイト
木村屋:外観





【厚焼きたまご専門店 「木村屋」】


港の海鮮関係のお店をつまみ食いした帰り、
こちらのお店を見つけました。


木村屋:外観2


カウンターで 店頭販売していますが、
イートインスペースはありません。



店頭では
ご主人が 玉子を焼く姿を見学できます。


木村屋:店内


いわゆる実演販売?
なかなか 見事な手さばきで、
今いただいている玉子焼きも 美味しさが増します。


木村屋:店内2

木村屋:店内3

木村屋:店内4


できあがり!



厚焼きたまごを立ち食いできるよう
切り分けた 10×5cm、厚さ2cmくらいの玉子焼きを串に刺し、
トレーに入れて手渡されました。


木村屋:玉子焼き
厚焼きたまご(120円)

少し甘めの味付けのだし汁たっぷりの
ふんわり厚焼きたまごでした。


なお、沼津港で 玉子焼き専門店を もう1軒見つけましたが、
こちらでは 切り売りされておらず、
大きなかたまりでしたので、残念ながら購入できませんでした。




ブログランキングに参加しています


にほんブログ村 犬ブログ パピヨンへ

活けいけ丸:金目鯛
金目鯛にぎり












深海魚系の食事を目当てに 水族館周辺をうろうろ


活けいけ丸:外観3


どこが良いのか迷いながら、
水族館のすぐ近くに こちらのお店を発見し入店

回転寿司「活けいけ丸」
活けいけ丸:外観2




店内は 普通の回転寿司のお店


活けいけ丸:店内2


通常の回転寿司でいただけるネタは避け、
深海魚系に特化。



メニュー
活けいけ丸:メニュー1


海鮮丼とは違い、いろいろな種類を 少量ずついただけるのが良かったですね。


活けいけ丸:ゆめかさご
ゆめかさご にぎり


活けいけ丸:メヒカリ唐揚げ
メヒカリ唐揚げ


活けいけ丸:クロムツ
クロムツにぎり


活けいけ丸:ニギスフライ
ニギスフライ


どの魚も 特別な臭いや 味の癖はなく、美味しくいただきました。

逆に 少々物足りない感じもしました。


帰りの会計では
水族館の入場券を提示すると 10%引き

すごく得した気分になりましたが、
量的にも 二人で 腹6分目くらいです。

絶対値としては お値打ち系の回転寿司の料金とは違い、
決して 安いお値段ではなかったです。





ブログランキングに参加しています


にほんブログ村 犬ブログ パピヨンへ

沼津バーガー:深海魚バーガー
深海魚バーガー









沼津港深海水族館のお隣 「沼津バーガー」に立ち寄りました。


沼津バーガー:外観2


ごく普通のハンバーガーショップの佇まい。
お店の中に入ると、お客さんがカウンターに列を作っています。


沼津バーガー:店内2


空いている席も少ないので、
取り敢えず、私は着席し、
奥さんが商品を購入。
購入する種類はおまかせです。


テーブル席から外を眺めると 海鮮のお店が

沼津バーガー:店内1



トレーに ドリンクと番号札を持って 帰ってきました。


沼津バーガー:飲み物


深海魚バーガーは注文しましたが、
いろいろ食べ歩くことになりそうなので、
二人で シェアすることにし、お店の方に半分に切ってもらいました。


沼津バーガー:深海魚バーガー1
深海魚バーガー(650円)

美味しかったです!
くせはなく、
ごく普通のフィッシュバーガー

沼津バーガー:深海魚バーガー2


後からネットで調べると、「メギス(ニギス)」のフライだそうです。
メギス(ニギス)はニギス目ニギス科で、キスの仲間ではないようです。




沼津バーガー:イカタコナゲット1


沼津バーガー:イカタコナゲット2
イカタコナゲット(380円)

辛い!
タコの弾力ある食感





この深海魚バーガーは 一度は経験したいバーガーでした。


沼津バーガー:メニュー2


味としてはけっこうイケてたので、
これ以外のバーガー
みしまコロッケバーガー、まぐろバーガー、アジフライバーガー、厚切りサーモンバーガー
についても 期待できる味わいかなと思いました。



お値段高めですが(^_^;)
沼津バーガー:レシート





最後に
深海魚バーガーは ごく普通の味わいの フィッシュバーガー でした (^^)/




ブログランキングに参加しています


にほんブログ村 犬ブログ パピヨンへ

沼津港深海水族館:グソクムシ展示物
沼津港水族館のオオグソクムシ 屋外の展示模型










沼津市の
沼津港深海水族館に出かけました。

海鮮のお食事も楽しんできました。



沼津港:カラフルな倉庫


有料駐車場もありますが、
先端の堤防沿いと 昼間なら 魚市場前にも駐車できるようです。




沼津港大型展望水門 「びゅうお」
沼津港:びゅうお1


入場料は100円
エレベーターで屋上へ


沼津港:びゅうお2



沼津港が 一望できました。


沼津港:沼津魚市場2





沼津港深海水族館は
名前のとおり 水深の深い駿河湾に因んだ 深海魚の展示がウリのようです。
また、シーラカンスの展示も目玉のようです。


沼津港深海水族館:外観


けっこうな人出です。

入場してすぐ 移動柵で 列が区切られています。

入り口付近にも 水槽が並んでいるので、
お客さんが立ち止まらないよう 係員が声をかけています。

シーラカンスの説明を 芸人(名前忘れた)の方が行っていました。


沼津港深海水族館:チンアナゴ


順路が判り難いのと、 先を急がされるのとで、
最後になって判る 見ていない水槽
 もあったりして・・・。


沼津港深海水族館:魚?



否定的な感想ばかりですが、

深海魚の生体展示は少なく、
大型水槽もなく、
それでも 入場料は高く 大人1,600円


ワクワクするような
ほのぼのするような
水槽に魅入ってしまう 展示が少ないのが 残念でした。
リーピーター率は どうなんでしょう???





次の目的地は 沼津港の 海産物食べ歩き!



「港八十三番地」

沼津港:港八十三番地掲示板


水族館周辺にも いろいろなお店があります。


沼津港深海水族館:周辺



港から 水族館へ向かう途中


沼津港:海鮮のお店


沼津港周辺は 海産物のお店がいっぱい
観光地化していました。



魚の干物のお店 

沼津港:干物屋




海鮮丼の 有名店 「丸天」

沼津港:丸天;外観


下の写真 左下には
ネットで有名な かき揚げタワーの丼


沼津港:丸天;外観2



お店がいっぱいありすぎて どこに決めたらよいのか 迷います。




続きは 入ったお店を 紹介します。





ブログランキングに参加しています


にほんブログ村 犬ブログ パピヨンへ

むじょうどう:かき氷;抹茶あずきミルク3
抹茶あずきミルク












こちらのお店は ナビがあっても 周辺を彷徨ってしまいました。
ナビの反応が鈍いため、田舎道、山道の細い路地を 何度も行き過ぎてしまい、
ゴールは すぐ目の前でしたが、手こずりました。



むじょうどう:外観5

むじょうどう:外観4


ここだ!
と、門を入ると 正面左手に 趣のある古民家
右側の駐車場に停め 建物に向かいます。


むじょうどう:外観2


建物だけでなく 庭も趣があり、周辺の散策も楽しめそうです。


むじょうどう:外観1


入り口には テラス席が設けてあり、
一組のお客さんが お茶していました。



引き戸を開け お店に入ると、

むじょうどう:店内1


立派な梁と柱の重厚な佇まい


むじょうどう:店内4


古民家の雰囲気ですが、
お店自体は 新しいのではないかと思いました。


むじょうどう:店内5



暖炉は 本物のようで、冬場は実際に使用されているとのこと。

むじょうどう:店内3



印象的だったのは
正面の座敷席の 大きな一枚ガラスから 山間の自然豊かな景色が眺められ、
美術館のような雰囲気でした。


むじょうどう:店内2




座敷席は 満席でしたが、
幸いにも 2人用のテーブル・椅子席が空いており、くつろげました。

4人~6人くらい納まりそうな大きなテーブルに どの席も2人で占有されているので、
お店としては お客さんを案内できず(上手く行けば相席に)、
回転が悪く 困りモンでしょうね。



でも、メニューを見ると、

むじょうどう:メニュー1

種類は少なく、お値段も少々高いものの、
この客席数で 経営が成り立つのか?と 客として心配になるような、
建物、お店の調度、喫茶内容でした。



さて、今の時期は ここのウリは かき氷
奥さんと出かけ、二人とも 抹茶系のかき氷を頼んでしまいました。

後から考えると、
別のかき氷か、珈琲か、少し変えた方が良かったと 少々後悔。



むじょうどう:かき氷;抹茶あずきミルク1
抹茶あずきミルク(850円)

氷は 今では普通になってきている ふわふわのかき氷

抹茶は 静岡ならではの 本物の抹茶でした。
お店手作りのあんこは 程良い甘さです。
ミルクは 少し薄めの練乳ですが、
暑い日に 最高の一品でした。


些細なことですが、
少々残念だったのは スプーン
厚手の木製のスプーンだったので、
氷を口に運んだ時に 唇に馴染みにくかったですね。
牛丼屋にあるような 薄手の 細い 塗りの木製スプーンが良いのでは。  


総括としては、
隠れ家的な 落ち着いた雰囲気の ソフトもハードも 気持ちがよい喫茶店ですが、
人気店であるため、お客さんが多く、ざわついています。

お客さんの来店も続き、
小心者としては、
決して 長時間のんびり過ごせる 気持ちにはならないかも。




ブログランキングに参加しています


にほんブログ村 犬ブログ パピヨンへ

スイート遠藤:生クリームどら焼;夏みかん2
生クリームどら焼(夏みかん)













こちらのお店のどら焼きが美味しい との知人の口コミで
出かけました。
定休日が 変わったようで、3度目のチャレンジでした。

興津から 52号線(身延道)を北へしばらく走ります。

お出かけ帰りの夕方、6時少し前でしたので、
ダメモトで出かけたところ、
お店開いていました!


スイート遠藤:外観1

駐車場の半分くらいに 縁石がかかっています。  

聞いていたとおり、停めにくい駐車場です。



スイート遠藤:外観5


向かい側のお寺には ご住職が 掃き掃除しているので(していなくても)、
無断駐車は ダメ!





スイート遠藤:外観4


小さな店舗と、広告塔は 歴史がありそうな 味のある建造物です。


スイート遠藤:外観2


スイート遠藤:外観3






ショーケースには ショートケーキ類、お饅頭類、どら焼き類など いっぱい

数は少し減っていましたが、初入店のこちらとしては どれを選ぼうか迷いました。


店内
スイート遠藤:店内2


スイート遠藤:店内3


スイート遠藤:店内4


生どら焼きは 120円~140円、ショートケーキは 160円前後と、とてもリーゾナブル。




スイート遠藤:生クリームどら焼;夏みかん1
生クリームどら焼き(夏みかん)(140円)


スイート遠藤:生クリームどら焼1


生ドラは 美味しいふかふかの生地に 味のある生クリーム、
小ぶりの夏みかんの欠片が アクセントです。




スイート遠藤:生クリームどら焼;抹茶2
生どら焼き(抹茶)(130円)


スイート遠藤:生クリームどら焼;抹茶3

抹茶は 生クリームだけではなく、生地にも練り込んであるので、
風味も味もしっかり お茶のお味がしています。




スイート遠藤:団子
団子

お団子は 醤油よりも甘さが勝った 醤油だれ
関東の味です。



ちいちい餅は 清水でよく食べられるお餅だそうです。

スイート遠藤:ちっちー餅2
ちいちい餅

ヨモギの皮に あんこが詰められたもので、
丸いよもぎ餅とは ちょっと違った形です。 



生ドラには 季節ものの果物などが 入っているようなので、
苺生ドラの時期が楽しみですね。




ブログランキングに参加しています


にほんブログ村 犬ブログ パピヨンへ

雲上かき氷:いちごやさんの苺練乳
いちごやさんの苺練乳











知人からの口コミで こちらのお店の かき氷を知りました。

長時間待ちを覚悟して
お昼前に 清水を出発

ナビに 住所を入力し、
高速を使わない 一般道を選択し、スタート
結果的に これがつまずきの初めでした。


雲上かき氷:途中の富士山


ナビに どんどん山道に導かれ、
山越えコースとなりました。



2時少し前に それらしきお店を見つけました。


雲上かき氷:外観5


駐車場や 砂利の脇道に 車がいっぱい!


雲上かき氷:外観1


カウンターで かき氷を注文
「抹茶あずき練乳」を頼みましたが、
あずきは売り切れ (T_T)


雲上かき氷:メニュー  雲上かき氷:メニュー3


雲上かき氷:メニュー2



そこで、私は「和三蜜糖きなこ(650円)」、
奥さんは、「いちごやさんの苺練乳(750円)」を注文しました。



ただ今、午後2時

雲上かき氷:告知板1

この時点で 80分待ちです。

雲上かき氷:番号札

番号札は「16」





林の中に設けられた 大きなテントの方は 満席のため、
残暑厳しい中 店前のビーチパラソルの下で
待ちます。
待ちます。
待ちます。



退屈なので、回りをきょろきょろ。
こちらでは、富士山のバナジウム水を 1㍑30円で販売しているようです。

雲上かき氷:雲上水2




呼ばれる番号を聞いていると、
どうも、50番まで作ってあるようで、
50番まで行ったあと、1番に戻りました。

かき氷までは まだまだ時間がありそう。

のども渇いてきたので、
すぐにできる アイスコーヒーを頼みました。


雲上かき氷:アイスコーヒー
アイスコーヒー(400円)

こちらは 凡庸でした。

でも、冷たいので 美味しいです。
のどを潤しながら、
待ちます。
待ちます。


じりじりと照りつける 太陽の下
日焼けが心配です。
待ち時間の 表示も どんどん長くなります。



3時の時点で、
「本日は完売」の看板が出ました。


雲上かき氷:告知板2


しかし、車でやって来る 多くのお客さんは
この看板を 見ているようで、まったく見ていない。

待ち時間を見て、
客は「待っていれば、良いの?」
お店の方が 「売り切れました<(_ _)>」
残念!



番号札をもらい、車で待っている人や、ちょっと出かけている人もいて、
お店では 拡声器で 呼び出しています。

番号が近づいてくるのが 待ち遠しくて、
10番台になると、もうワクワク。

待ち時間は 最高 120分 まで行きました。
私たちも
番号を呼ばれたのが 結局 午後4時少し前でした。




雲上かき氷:いちごやさんの苺練乳3
いちごやさんの苺練乳(750円)

ふわふわの こんもりした 大きな かき氷に
奥さんのは 練乳がかかっており、
苺が 小さな紙コップに2杯 別添えで、
自分で 好きなタイミングで かけていただきます。


雲上かき氷:いちごやさんの苺練乳2


本物の苺のシロップです。

でも、練乳も苺も
私には どちらも少し 甘さや、粘度や、味が 薄く感じました。

駄菓子屋のかき氷に慣れているから???






雲上かき氷:三温蜜きな粉1
和三蜜糖きなこ(650円)

私が注文したかき氷は 氷にきな粉がかかっており、
和三蜜糖が 紙コップに付いています。


雲上かき氷:三温蜜きな粉2

和三蜜糖は 上品な甘さでした。




注文した かき氷が出てきてびっくり。

注文した時に「和三蜜糖」のイメージが強く、
出てきた かき氷に きな粉がかかっているので、
違うものが出てきたのかと勘違いしました。

あんこの売り切れで 頭が真っ白になったようです。


きな粉は 不得意なのに、
たくさんのメニューから 最悪のものをチョイスしてしまいました (T_T)
半分食べて、奥さんのイチゴミルクと交換しました。



結局、かき氷をいただくまでに 半日かかりました。

食べられないお客さんも たくさんいらっしゃって、
それに比べると 幸運だったようです。

この後に 予定していた 朝霧高原は 次回期待になりました。



でも、安心して下さい(^^)/
冬場にも かき氷は販売しているとのことです。
お店の横の 小屋の中で いただくことができるそうです。






ブログランキングに参加しています


にほんブログ村 犬ブログ パピヨンへ

イオンモール常滑:campexpress;一日分の野菜カレー2
一日分の野菜カレー








【キャンプエクスプレス イオンモール常滑店】


常滑臨空ポート、セントレア手前の空き地に
イオンができるできると言われながら、景気後退のせいか?

ずっと広大な野原状態が続いていましたが、
愛知県をちょっと離れている間に
昨年、イオンモール常滑店がオープン!

先日、帰省の際に、出かけてきました。


イオンモール常滑:りんくう常滑駅
りんくう常滑駅(セントレアの一つ前の駅です)




1Fレストラン街や、2Fフードコートに入居しているレストランは、
これまでに聞いたことがあるお店が多かったのですが、
こちらのお店「キャンプエクスプレス」は 初めて見るお店でした。


イオンモール常滑:campexpress;外観



特に、カレーを食べたい気分でしたので、こちらのお店に即決。

平日にもかかわらず、けっこう混雑している 広いフードコートに、
取り敢えず、席を確保。

カウンターにでかけ、「一日分の野菜カレー」を購入。


イオンモール常滑:campexpress;一日分の野菜カレー
一日分の野菜カレー(税込み990円)

カレーの方の感想は
全体にスパイシーなカレーの風味は良かったです。


イオンモール常滑:campexpress;メニュー


しかし、肝心の「一日分の野菜カレー」の野菜は、
素揚げされてのトッピングではなく、カレーと煮込んでいるため、
野菜が 全てカレーとマッチしているわけでもなく、
少々残念な結果でした。

また、お値段の方も、ドリンクとセットではなく、
ノーマルの状態で、限りなく1,000円に近く(990円)、
コスパは難あり。


最後に、皆さんが思っているとおり、
シャベル型のスプーンが、食べにくいこと

カレーを掬い、口に運んだ後、シャベルの後ろ部分が、口に引っかかる感じで、実用的ではありません。
見た目重視でしょうが、これはいただけません。



さらに、問題だったことは、
お店から席まで、ちょっと離れていたので、呼び出しベルが 受信されませんでした。
最初に確認したのですが・・・(^_^;)

ずいぶん待ってから 確認に出かけると、
もうできているようで、ちょっとがっかり。
現時点では 接客修行中です。




ブログランキングに参加しています


にほんブログ村 犬ブログ パピヨンへ

イオンモール常滑:常滑のれん街2
イオンモール常滑







【日本逸品屋 ぽんのぴん イオンモール常滑店】



イオンモール常滑:ぽんのぴん;外観2


イオンモール常滑店の 1F常滑のれん街
ちょっと珍しい お土産品 逸品の販売コーナーに
甘酒ショップのカウンターを見つけました。
車で来店でしたが、ノンアルコールとのことで、珍しさも手伝って商品購入。


イオンモール常滑:ぽんのぴん;外観3


緋毛せんの縁台があり、イートインのスペースになっています。





メニューを見ると、
今まで見たことがない
蒲郡蜜柑と甘酒のスムージー


イオンモール常滑:ぽんのぴん;メニュー


この他、甘酒グリンスムージー、甘酒ラテ、抹茶など
どんな味なのか、想像を刺激されるドリンクです。


イオンモール常滑:ぽんのぴん;蒲郡みかん・甘酒
蒲郡蜜柑と甘酒のスムージー(330円)



奥さんは 甘酒ストレートを選択

イオンモール常滑:ぽんのぴん;蒲郡みかん・甘酒、甘酒ストレート
甘酒ストレート(300円)(上段 右側)

こちらは、今まで飲んだことがある どんな甘酒よりも 甘い!
いま一つかな


私がいただいた「蒲郡蜜柑と甘酒のスムージー」も
甘酒の主張が無く、
濃厚な 少し粘りのある 蜜柑のお味が中心で、
期待が大きすぎたせいか、ちょっと残念でした。


イオンモール常滑:ぽんのぴん;外観


スムージーとしては、
甘酒と他の味をブレンドするのに、
その割合が もう一工夫必要だと感じました。





ブログランキングに参加しています


にほんブログ村 犬ブログ パピヨンへ

さあんチャキじじ

Author:さあんチャキじじ
終の棲家となった名古屋を中心に チャキじじとチャキママの食べ歩きと、 愛犬チャキとの周辺散歩


ブログランキングに参加しています


東海地域情報・ブログランキングへ


にほんブログ村 犬ブログ パピヨンへ

にほんブログ村 犬ブログ パピヨンへ



人気ブログランキング・レストラン・飲食店へ