茶庵(さあん)チャキじじ 名古屋で再スタート

終の棲家となった名古屋を中心に チャキじじとチャキママの食べ歩きと、愛犬チャキとの周辺散歩

庵原屋:ラベル2



庵原屋:天王山3
天王山





【風土菓庵原屋】

清水銀座通り商店街に 何軒かある和菓子屋さんの一軒です。


庵原屋:店内5




外観や店内のディスプレイ、店員さんの人数など、
意気込みが かなり感じられるお店でした。

店内
庵原屋:店内4


庵原屋:店内3


お店のイチオシを伺いました。


庵原屋:店内2


庵原屋:店内1




何種類か提示していただき、3種類購入しました。


庵原屋:和菓子3種


中には 内容が想像できないお菓子もあり、期待を膨らませ持ち帰りました。







一番先に名前が挙がったのは 「次郎長最中」


庵原屋:次郎長最中1


庵原屋:次郎長最中3
次郎長最中

四角い皮の最中に 粒あんと、真ん中にはお餅(求肥?)が入っています。
程良い甘さのあんこで 全体の食後感としてはボリューミーでした。

清水の次郎長から 命名されたそうです。







一番驚いたのは 「天王山」と言うお菓子です。


庵原屋:天王山1


庵原屋:天王山2
天王山

これは 味が想像できませんでした。

松露が 二回り大きくなった感じの姿で、
薄い発泡スチロールの四角な容器に入っています。

一囓りすると、
外はお砂糖の固まった松露と同様なものでくるまれており、
その中には こしあんを 極軽いカステラ生地で包んだものが入っています。

超甘いお菓子 ですが、
口の中で溶けて行く 泡雪のようなカステラ生地
どのように作られているのか、素人には想像できない 上品なお菓子でした。



最後の一つは きんつば
こちらは ほとんど甘くありません。

「天王山」と対極をなす 極極甘さを控えたお菓子 でした。

四角い形状は よく見かけるスタイルです。
皮は比較的薄めでした。


今回いただいた どのお菓子も個包装され、扱いやすそうです。



庵原屋さんの ラインナップです。

庵原屋:商品説明2


庵原屋:商品説明1



スポンサーサイト


ブログランキングに参加しています


にほんブログ村 犬ブログ パピヨンへ

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

さあんチャキじじ

Author:さあんチャキじじ
終の棲家となった名古屋を中心に チャキじじとチャキママの食べ歩きと、 愛犬チャキとの周辺散歩


ブログランキングに参加しています


東海地域情報・ブログランキングへ


にほんブログ村 犬ブログ パピヨンへ

にほんブログ村 犬ブログ パピヨンへ



人気ブログランキング・レストラン・飲食店へ